橋の臨床成人病学入門


橋の臨床成人病学入門

三木 千壽 著

2017年9月発行 A5判 220ページ
本体\2,500+税
株式会社 建設図書
ISBN:978-4-87459-220-5
※お近くの書店でも注文していただければご購入いただけます

購読お申込みへ


はじめに
  本書では,最近の社会問題ともいえる「社会インフラの老朽化」につい
て,著者が長年の専門としてきた橋を中心に,実際に何が起きているのか,
そして,これからこの問題に対してどのように立ち向かっていくのか,講
演などのいろいろな機会でお話ししていること,感じていることをまとめた.
  第1部では「インフラの老朽化問題」について,今何が問題にされて
いるのか,そして,同様な状況をわが国よりも30年ほど早く迎えた米国
の経験について述べる.
  第2部では「橋の強度と耐久性を考える」として,橋の長期強度を設計
ではどのように考えてきたのか,また,橋に使われる材料の経年劣化現象
とはどのようなものかについて概説する.大学での講義内容と近い内容で
ある.
  第3部では「事故に学ぶ」として,今までに経験した事故と,そこから
得た教訓について述べる.
  第4部では「事故を防ぐには」として,経年劣化で最も深刻な疲労問題
を取り上げる.
  第5部では「これから何をすべきか」として,私見を述べた.
 本来,地味であり陽が当たらないこの分野に対して,多くの技術者や研究
者が関心を持つようになるとは,全く予想もしなかったことである.本書が
この分野に関心をもつ多くの方々の参考になれば幸いである.


目 次 CONTENTS


はじめに

第1部 インフラの老朽化問題

第1章 インフラは老朽化するのか
1-1 これまでの取組み
1-2 インフラの性能の経年劣化
1-3 メンテナンス元年

第2章 インフラの宿命
は じ め に
2-1 架け替えか修繕か:社会的損失

第3章 米国の経験に学ぶ
は じ め に
3-1 米国でのインフラの荒廃
3-2 荒廃するアメリカ(America in Ruins)レポート
3-3 ニューヨーク,21世紀への架け橋レポート
3-4 Williamsburg橋:補修か架け替えか
(Rehabilitation versus Replacement)

第2部 橋の強度と耐久性を考える

第4章 橋の構造設計と寿命
4-1 橋の強度設計
4-2 橋の寿命50年説
4-3 経年劣化と既存不適格
4-4 実績としての橋の寿命
4-5 自然力に対する設計荷重からの考察
4-6 本州四国連絡橋の設計での考え方

第5章 構造材料の経年劣化現象
5-1 橋梁部材の破壊モード
5-2 鋼の製造,鉄鉱石から鋼材まで
5-3 鋼の基本的な性質
5-4 ぜい性破壊と破壊じん性
5-5 疲  労
5-6 座 屈 現 象
5-7 腐  食
5-8 異種金属腐食
5-9 環境誘起破壊

第3部 事故に学ぶ

第6章 経年劣化による事故
6-1 初期の溶接構造の橋梁の崩壊:ベルギーHasselt橋
6-2 鋼プレートガーダー橋の疲労:オーストラリアKing’s橋
6-3 米国での道路橋の経年劣化認識のきっかけ:米国Point Pleasant橋
6-4 米国幹線道路の橋梁の崩壊:米国Mianus橋
6-5 ぜい性破壊の例:米国Hoan橋
6-6 トラス橋の崩壊:米国ミネアポリスT-35W

第7章 国内での大規模疲労対策プログラム
7-1 ピン結合鉄道トラス橋
7-2 東海道新幹線橋梁の疲労設計と疲労損傷の発生
7-3 東海道新幹線のリハビリテーションプログラム
7-4 日本の道路橋の疲労
7-5 鋼製橋脚隅角部の疲労
 
 
 

第4部 事故を防ぐには

第8章 溶接構造物の疲労照査の方法
8-1 溶接継手部の疲労
8-2 公称応力範囲ベースの疲労設計
8-3 米国Lehigh大学の大型疲労試験
8-4 本州四国連絡橋公団の疲労試験(本四疲労)
8-5 その後の日本での疲労設計の流れ
8-6 局部応力ベースの疲労照査
8-7 理解できない疲労対策
8-8 疲労照査のポイント

第9章 橋梁に生じる疲労とその分類
9-1 分類1:溶接時に残された欠陥を原因とした疲労
 9-1-1 プレートガーダー橋下フランジ板継ぎ溶接部
9-2 分類2:疲労強度の低い構造ディテール,継手の採用
 9-2-1 連結板貫通タイプの仕口;山添橋
9-3 分類3:設計では想定していない力の作用
 9-3-1 プレートガーダー橋やボックスガーダー橋の支承ソールプレート
 9-3-2 桁端の切欠き部
 9-3-3 プレートガーダー橋の主桁と横桁の接合部
 9-3-4 トラス橋の床組部材
 9-3-5 上路アーチ橋の垂直材
 9-3-6 鋼床版構造
9-4 分類4:構造物の想定外の挙動
 9-4-1 新幹線橋梁での振動疲労
 9-4-2 風による振動
 9-4-3 路面の交通振動により誘起される振動疲労

第10章 道路橋疲労の原因は過積載トラック
10-1 活荷重と応力範囲
10-2 道路橋の設計自動車荷重
10-3 自動車荷重の実態
10-4 Weigh in Motion (WIM)

第11章 腐食および応力腐食割れによる事故
11-1 木曽川大橋
11-2 辺 野 喜 橋
11-3 新 菅 橋

第5部 これから何をすべきか

第12章 点検と診断の高度化
12-1 経年劣化とバスタブカーブ
12-2 点検における4W1H
12-3 点検と診断はチーム作業
 12-3-1 事例-1
 12-3-2 事例-2

第13章 真の体力を知る新しい技術
13-1 構造解析:梁理論からFEMへ
13-2 点検における非破壊検査
13-3 SIP
13-4 モニタリング

第14章 プラス100年プロジェクトの提案
14-1 なぜプラス100年か
14-2 研究と技術開発の必要性
14-3 人材育成は火急の課題
14-4 情報の集約とスマート化
14-5 現代文明の礎を壊さないために

あとがき
索 引